3歳の息子が「時計の針が7のところ来たら、お父さんの負け」っていう、死を待つだけのゲームを提案してきた。