親が実家のねこにカリカリごはんとウェットフード2種類同時にあげていたので「わあ、豪勢だね」と言ったら、
見送った猫たちが晩年カリカリが食べられなくなったとき、食べ慣れてないウェットフードを嫌がって点滴しかできず可哀想だったから、何でも食べられるように育ててると聞いてハッとしました。 pic.twitter.com/YOuS0QcHOE